茅場町いとう医院ふろくのブログ

東京都中央区にある産婦人科・女性内科のクリニック

予防接種

風疹予防接種の費用助成について-中央区在住の方へ-

現在、風しんが流行しています。

風しんは、感染すると2~3週間の潜伏期の後、軽いかぜ症状ではじまり、発しん、発熱、リンパ節腫脹などの症状が出ますが、発しんも発熱も三日ほどで治るので三日ばしかとも呼ばれる病気です。
人にうつす可能性があるのは、熱が出る前1週間から、発熱後5日間程度といわれています。
症状が軽いので、自分がかかったことに気付かず、出歩いて感染を広げてしまうため、流行しやすい病気の一つです。

ところが、この症状の軽い風しんでも、妊娠初期の女性がかかると大きな問題になります。

妊娠初期の女性がかかると、おなかの中の赤ちゃんにも感染し、先天性風しん症候群(CRS:congenital rubella syndrome)という病気を引き起こしてしまうからです。
そして赤ちゃんに生まれつきの心臓病や難聴、白内障などさまざまな症状を起こしてしまうのです。

(このあたりについてはフィクションですがアガサ クリスティの「鏡は横にひび割れて(映画:クリスタル殺人事件)」によく描かれています。)

そこで、風しんの流行対策、特に先天性風しん症候群への対策として、抗体検査やワクチン接種などの対策が進められています。

中央区の場合、昨年に引き続き、今年度も3月31日まで(平成27年3月31日まで)抗体検査とワクチン接種の費用助成が行われています。

対象となるのは、19歳以上の区内在住者で、風しんにかかったことがなく、風しん単抗原またはMR(麻しん風しん混合)ワクチンの予防接種をしたことがなく、風しんの抗体検査をしたことがない以下の方です。

抗体検査
1. 妊娠を予定または希望する女性とその同居者
2. 妊婦健診風しん抗体価が低かった妊婦さんの同居者

予防接種
1. 上記、抗体検査の結果、風しん抗体価が十分でなかった方
2. 出産後等の方で、妊婦健診等で既に抗体価が十分でないことがわかっている方

上記に当てはまる方は中央区保健所または日本橋・月島各保健センターにて申請書を記入し、助成券(風しん抗体検査及び予防接種予診票兼助成金申請委任状)を交付してもらってから、受診してください。

直接、交付窓口に行けない場合は郵送申請も可能です。
その場合は区のHPに申請書がありますのでダウンロードし、郵送申請してください。
https://www.city.chuo.lg.jp/kenko/hokenzyo/sessyu/senntennseihusinnkinnkyuutaisaku.html

茅場町いとう医院の場合、抗体検査は予約不要ですが、ワクチン接種の場合は電話でのご予約をお願いしております。
(風しん抗体検査、ワクチン接種については、当院受診中の方のご家族であれば男性も受診可能です)

なお、助成券がない場合は、自費での抗体検査、ワクチン接種となります。
区外の方の場合は、お住まいの自治体のHPなどをご確認ください。

茅場町いとう医院で自費での検査、ワクチン接種を行う場合は以下の料金となっております。

風しん抗体検査(HI法)    2300円
風しんワクチン         5200円
(風しん単独ワクチンは供給量が少ないため、特別な事情がない場合は下記の風しん麻しん混合ワクチンの接種をお願いしております)
風しん・麻しん混合ワクチン 8500円
(抗体検査の際は別に初診料3000円もしくは再診料1000円が必要となります)

風しんも、先天性風しん症候群も予防できる病気です。
妊婦さんはワクチン接種ができませんが、多くの人がワクチン接種をすることで、現在の流行を食い止めることができ、結果として妊婦さんを風しんから守ることができます。

自分のため、家族のため、何よりも生まれてくる赤ちゃんのため、抗体検査とワクチン接種をお願いします。

インフルエンザ予防接種 Q&A

急に寒くなってきましたね。
寒くなってくると心配なのがインフルエンザです。
そろそろワクチンを、とお考えの方も多いと思います。
そこで今日はQ&A形式で、よく寄せられるワクチンの疑問にお答えしていこうと思います。

ワクチンはいつごろ打つといいんですか?

東京では例年ですと12月からインフルエンザの報告が増え始め、1月上旬から3月上旬にインフルエンザの流行のピークが見られます。
一方、ワクチンの有効期間は、接種後約2~3週間後から4~5か月とされています。

このためワクチンの接種時期としては11月から12月上旬くらいまでが良いといわれています。
ちょうど今の時期ですね

ワクチンって年によって当たりはずれがあるんですか?

インフルエンザワクチンはその年の流行を予測して作られています。
しかしインフルエンザウイルスは、変異しやすいワクチンのため、年によって多少の差はあります。

IASRの報告によれば
2009/10シーズン 流行したもののうち0.6%はワクチンと異なる型だったが、そのほかはおおむね一致
2010/11シーズン よく一致
2011/12シーズン B型のうち3分の1は効果がなかった。A型のうち4割ほどは効果が十分ではなかった

とのことです。
確かにこう見ると当たり外れは多少あるようです。

ただ、新型が登場しない限りは、「まったくの大外れ」ということはなく、低い年でも流行したウイルスの半数以上には一致しています。

2回打ったほうがいいの?

20歳以上の成人を対象とした試験で、1回の接種で73%(検査法によっては87%)の方に抗体ができたという報告があります。
これをもとに成人では1回接種でもよい、とされています。

ただし、前シーズンにインフルエンザにかかったり、ワクチンを打ったりしていない方は、基礎免疫といわれるもともとの免疫が少ないため、抗体ができてもその持続期間が短くなりやすいといわれています。

このため、前シーズンにワクチンを打っておらずインフルエンザにもかからなかったという方は、2回打ったほうが良いと思います。

また、もともと基礎免疫が少ないと考えられている小児や基礎疾患があり抗体が残りにくい人などは2回打つようにしてください。

2回接種する場合、間隔はどのくらいあけるといいんですか?

2回接種の場合、添付文書上は2~4週間(13歳以上では1~4週間)の感覚をあけて接種すること、となっています。
ただ、最も、免疫効果が上がるのは4週間あけた場合といわれています。
もし、2回目の接種予定時期に体調を崩すなどして間隔がひらいてしまった場合でも、1~2週間程度のずれは問題ないといわれていますので、医師にご相談ください。
(米国では「1か月以上の間隔をあけて接種」とされています。)

インフルエンザワクチンは効果がないという人もいますが…。

現行のインフルエンザワクチンは血液中の抗体を産生するものです。
それに対し、インフルエンザウイルスは鼻腔から感染するため、血液中の抗体では効果がないという人もいます。
確かに、理想的には海外で発売されている点鼻タイプのワクチンのほうが効果があるはずなのですが、まだ国内では認可されておらず、そのため何か問題が起こっても救済制度が利用できないため、当院では採用をしておりません。

なお現行のワクチンでの効果ですが、65歳以上の施設入所者を対象にワクチンを1回接種した研究では、発病阻止効果は34~55%、死亡阻止効果は82%で、発病阻止効果は十分ではないもの、重症化は防げると考えられています。

妊婦もワクチンを打っていいの?

妊婦であっても接種は可能です。
むしろ、妊婦の場合、インフルエンザに罹った時に重篤化しやすいことを考えると、接種していただいたほうが良いと思います。
一時期、ワクチンに含まれる防腐剤の胎児への影響が取りざたされましたが、接種によって先天異常の発生率は増加しないとの報告もあります。
心配な方は、防腐剤無添加のワクチンもご用意しておりますので、ご相談ください。


茅場町いとう医院では、現在、2013年のインフルエンザワクチン接種を行っております。
接種は1回3000円です。
予約なしでも接種できますが、防腐剤無添加のワクチンをご希望の場合などはお電話にてご予約いただくと確実です。
詳しくは茅場町いとう医院のHPをご覧ください。

茅場町いとう医院HP
http://www.kayabacho-itoiin.jp/
ごあいさつ
日本橋茅場町にある産婦人科・女性内科のクリニックです。

HPに載せきれないいろいろな情報をブログにつづっていきたいと思います。