茅場町いとう医院ふろくのブログ

東京都中央区にある産婦人科・女性内科のクリニック

女性内科

麻しん(はしか)について -妊婦さん豆知識ー

茅場町いとう医院、内科担当の伊東佳子です。

今回は「麻しん(はしか)」と妊娠ついてのお話です。

実は今月に入り中央区内を中心に麻しん患者さんが散発しているのです。
昨日も日本橋地区において麻しん疑いの患者さんが出ております(まだ確定診断ではありませんが)。

本来の麻しんの流行は子どもさんを中心に春から初夏、といわれていますが、昨年の大阪での流行が秋だったように、最近は季節を問わず小規模の流行がみられることがありますので、十分な注意が必要です。

よく似た名前の病気に風しん(三日ばしか)があります。
妊娠初期(おおむね妊娠20週くらいまで)に妊婦さんが感染すると、胎児に感染し、「先天性風しん症候群」という病気をもたらす感染症です。

では、麻しんはどうかというと

「麻しんで胎児に先天異常をきたすことはほぼない」とされています。

でも、安心しないでください。

麻しんは妊婦さんに感染すると、重症化することがあります。
そして流産や早産を引き起こすことが知られています。
また分娩直前の妊婦さんが感染すると赤ちゃんが麻しんに感染した状態で生まれてきて、非常に重篤な状態になる場合もあります。

先天異常は起こさないけれど、胎児(場合によっては母体も)の命にかかわる可能性がある疾患。

それが麻しんです。

中央区近隣にお住まい、もしくはお仕事をしていらっしゃる方は、今後の保健所からの情報に十分注意をしてください、
そして、麻しんもしくはその疑いのある方と接触した方は、保健所に対応可能な病院について確認の上、病院に事前連絡してから受診をお願いします。

なお、麻しんの潜伏期間は10-12日といわれております。
潜伏期間の後、38台の発熱と咳、鼻水、くしゃみ、目の充血や目やにが2-4日間つづき、いったん熱が下がります。
そしてその後39-40度の高熱が出て、顔から体、腕や足などに発疹がひろがるというのが典型的な経過です。

ただし、最近はワクチンによる免疫が低下してきた方などに、一部の症状のみが出る修飾麻しんという非典型的な経過をたどる麻しんも出ています。

不安を感じる症状が出た方は、今後の感染拡大の予防のためにも、まずはお電話にて最寄りの保健所もしくは医療機関に相談し、指示を確認してください。
休日の場合は、東京都医療機関情報サービス「ひまわり」03-5272-0326にご相談ください。

麻しんは空気感染が主な感染経路で、ほかに感染者の咳やくしゃみに含まれるウイルスを吸い込むことによる飛沫感染や、ウイルスの付着した手で口や鼻に触れることで感染する接触感染もあります。
感染力は非常に強いので、流行情報が出たらマスク、手洗いはもちろんですが、妊婦さんについてはできるだけ外出を避けるなどの注意も必要です。

ただし、不顕性感染(感染しているけれど症状が出ない)はほとんどないとされていますので、潜伏期にあたる期間が過ぎても症状が出ていなければ、感染はしていないと考えて大丈夫です。

副院長 伊東佳子

東洋医学と養生①:春の頭痛

こんにちは鍼灸師の市川です。

この時期は毎日気温差が激しく 、お身体がついていかずお疲れの方も多くみられます。

どんな症状に悩まされていますか?

今回は春にみられる『頭痛』についてです。


春とは自然界ではどのような変化がみられるでしょうか?
冬眠していた虫や動物がむくむくと起きだし。土の中で暖かくなるのを待っていた新芽がにょきっと顔をだしますね。
人間界も、入園や入学。入社や新しいスタートを切る時期でもあります。
静かな冬とは打って変わって、なんだか周りもわさわさ身体の中もわさわさしませんか?


それは『肝』の仕業かもしれません。

肝臓とは少し機能が異なってきます。
自律神経系や新陳代謝の機能を担い、全身の「気:エネルギー」の流れを調節し、精神の安定や内臓の働きをスムーズにしています。加えて、肝は血(けつ)を貯蔵し、活動時には血を全身に供給するという調節機能もあります。

春になっても肝の活動を抑え込んでいると、頭部の疾患が目立ちだし、頭痛、冷え、のぼせ、イライラ、肩こり、鼻血、筋肉のこわばりに悩まされます。人間も自然界の一部にいますので、春の気候に合わせて少しずつ体を動かすなどして、上ににょきにょきと昇りがちな肝の気を発散させましょう



茅場町いとう医院HP
http://www.kayabacho-itoiin.jp/


 

骨粗しょう症について

おせちに入る海老は「腰が曲がるまで長生きできるように」という長寿の願いを込めているといわれます。

でも、できれば海老のように腰が曲がるよりは、まっすぐ背筋を伸ばして歩ける老後を迎えたいものです。
そのためにはどうすればいいのでしょう?

腰が曲がってしまう原因。
これは背骨が圧迫骨折という、骨折を起こしてしまうことによるものです。
骨が弱くなって、体の重みを支えきれなくなり、折れてしまう…。

これが「骨粗しょう症」という病気です。

弱くなるのは背骨だけではありません。
足の骨、手の骨なども弱くなり、骨折による痛みと不自由さ、さらには寝たきりという事態も引き起こす、怖い病気です。

全部漢字にすると「骨粗鬆症」。

「鬆」という漢字はあまりなじみがない字ですが、「す」と読み、「すが入った大根」とか「茶わん蒸しにすがたってしまった」などというように日常会話、特に家事の中でよく使われる言葉です。

「粗」は「あらっぽく雑な」、「鬆」は「小さな空洞があいてスカスカになっている状態」という意味ですから、「骨がもろくスカスカになっている状態」を骨粗しょう症とイメージしていただけるとよいかと思います。

実際には、どの程度もろくなると骨粗しょう症とするのかというと、健康な若年成人(20-44歳)の骨量の70%以下まで骨量が減り、骨折しやすくなった状態(もしくは80%未満ですでに骨折を伴う状態)を骨粗しょう症としています。

現在、日本では1300万人の患者がいると推定されています。
これは実に人口の10分の1、60歳以上の女性に限ると3人に1人は骨粗しょう症と推定される程の数となります。
とても他人事といえる割合じゃないですよね。

ところでどんな人が骨粗しょう症になりやすいのでしょう。
具体的には以下のようなことがリスクとされています。

・女性
・加齢
・閉経後(ホルモン療法や卵巣摘出などで閉経後に似た状態の場合も含む)
・極端な痩せ
・家族に骨粗しょう症の患者がいる
・喫煙
・過度な飲酒
・偏った食生活(若いころのダイエットも含む)
・運動不足
・その他病気や服薬(糖尿病、膠原病、腎臓病やステロイド内服治療など)

(以前は妊娠、授乳もリスクを高めるといわれていましたが、現在では妊娠・授乳中は母体のカルシウム吸収率がよくなり、また授乳終了後速やかに骨塩量がもとに戻るため、適正な栄養状態にあった方では大きなリスクにはならないと考えられています。)

女性であることや加齢はどうしようもありませんが、そのほかのリスクが重なる方は、ぜひ一度検診を受けてみてください。
(年齢の目安としてはリスクが低い場合で40歳、リスクが高い場合は35歳ごろから。もちろん若年でも検査は可能です)

茅場町いとう医院では超音波法による骨塩量検査を行っております。
かかとの骨の検査ですので、靴下を脱いでいただければすぐ検査でき、結果もその場でわかります。
妊娠の可能性がある場合なども検査可能です。

また、この検査で異常が疑われる場合は、血液検査による骨代謝異常のチェック、骨折リスクの評価も行い、最適な治療法(食事や運動療法も含む)を提案いたします。

しっかりした骨に支えられた元気な生活を送るために、気になることがあればお気軽にご相談ください。

当院の検査費用
自費の場合
 骨塩量検査(超音波法) 1500円 
 骨代謝検査(血液検査) 2000円
保険の場合(すでに骨粗しょう症が疑われている場合:3割負担として)
 骨塩量検査(超音波法) 240円
 骨代謝検査(血液検査) 1470円

いずれも初診料、もしくは再診料が別途かかります。
比較的若年での骨粗しょう症の場合、このほかに原因を調べるための検査を行う場合もあります。

花粉症の妊婦・授乳婦さんへ -妊娠と薬ー

今年もスギ花粉が増えてきましたね。

妊娠中や授乳中はお薬が使えないから、とメガネ&マスクで我慢している妊婦さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

もちろん、メガネ&マスクで乗り切れるなら、それでよいと思います。
でも、問題はそれでも症状に悩まされてしまう場合…。
そういう時は、ぜひ医療機関に相談してみてください。
妊娠中でも使えるお薬、実は結構あるんです。

妊娠中でも使いやすいお薬の代表選手は点鼻・点眼薬です。

特に点鼻薬の中でもステロイド点鼻薬は1日1~2回の点鼻で効果があり、全身への影響もほとんどないため妊娠・授乳中の治療薬としては非常に有用です。
症状の軽い方でしたら、このお薬に点眼薬を適宜組み合わせることで、ずいぶん楽にこの季節を乗り越えられると思います。

内服薬の中にも、問題なく使用できる薬も何種類かあります。
「使用経験が少ない」という理由で、ほとんどのお薬が妊婦さんには「慎重投与」となっておりますが、実際には国内外でかなりの使用実績があり、胎児への影響はないと考えられている薬もあります。
点鼻薬が使いにくかったり、それだけでは症状を抑えられない場合などは、医師にご相談ください。

また、漢方薬も効果があります。
即効性という点ではやや劣る場合もありますが、ほかのお薬との組み合わせで使用することもできますので、ご相談ください。

茅場町いとう医院の副院長も花粉症です。
妊娠中は、くしゃみのせいで尿もれしたり、おなかが張ったり…。
それが服薬によってだいぶ楽になり、閉じこもらずにマタニティライフを楽しめた、という経験があります。
つらいときは我慢しすぎず、気軽に医師に相談してくださいね。

低用量ピルを安全にご使用いただくために

最近、低用量ピルの副作用による死亡例が相次いで報告されております。

低用量ピルは、避妊の目的のほかに、月経困難症や子宮内膜症などの治療のためにも使われている有用なお薬ですが、相次ぐ報道により「危険なお薬」という印象を抱いてしまった方も多いのではないかと思います。

本日は少し長くなりますが、低用量ピルについてQ&A形式でまとめてみようと思います。

低用量ピルの危険な副作用ってなに?

血栓症という、血管の中に血液の塊ができて血管を詰まらせる副作用があります。
血栓ができる場所によっては命にかかわる場合もあります。

どんなところに血栓ができるの?どんな症状が出るの?

頻度としては足の血管にできることが多いです。
足の血管に血栓ができると、足の痛みやむくみなどがおこります。
その血栓が血液に流されて肺で詰まると「肺血栓塞栓症」となり、息切れや胸の痛みが出て、命にかかわる場合があります。
ほかに、頭や眼、腸の周りの血管や心臓の血管に血栓ができることもあり、それぞれ、頭痛・マヒ症状、視力障害、激しい腹痛、胸痛などが出現します。

どのくらいの人に血栓症がおきるの?

海外の調査になりますが、年間10000人あたり3~9人と報告されています。
そのうち、命にかかわる状態になる方は100人に1人程度といわれています。(死亡率は10万人あたり1人以下)
なお、ピルを服用していない女性の場合は、10000人あたり1~5人に発症すると報告されています。
また、妊娠中や分娩後は血栓症が発症しやすくなり、それぞれ10000人あたり5~20人、40~65人に発症するという報告があります。

血栓症が起きやすい人はいるの?

40歳以上の方、喫煙者、肥満や極端な痩せ、家族に血栓症を起こした人のいる方などは注意が必要です。
また、脱水状態や長期間体、もしくは体の一部を動かせない状態になると、発症しやすくなります。
ただし、こういったリスクがなくても発症する方はいるので、注意は必要です。

不安だから安全性が確認されるまで、服用を中断しようと思うのですが?

血栓症の副作用については、ピルがホルモン剤である以上、ゼロにはなりません。
ゼロに近づけるための努力として、低用量の製剤ができたのですが、それでも血栓症を発症する方はいます。
中断については、1周期(4週間)あるいはそれ以上の休薬期間をおいて、再び服薬を開始すると、使用開始後数か月間は血栓症の発症するリスクが高まると報告がありますので、中断しないほうがいいといわれています。
どうしても不安な場合は、中断ではなく、中止、という選択になりますが、月経困難症などの場合、代わりとなる有効なお薬が少ないため、医師とよく相談していただき今後の治療方針を考えてからのほうがよいと思います。

月経困難症で服薬中です。ほかの治療法はないですか?

対症的に痛み止めで改善できるのであれば、そちらで治療します。
漢方薬が効果的な場合もあります。
子宮内膜症や過多月経を伴うなど、上記の治療のみで対応が難しい場合には、ホルモンの中でも血栓症に関与するとされるエストロゲンを含まない製剤によって生理を止める方法もあります。
現在はまだ保険適応ではありませんが、子宮内にホルモン含有の避妊リングを入れることで、全身への副作用を減らしつつ、症状をコントロールする方法(ミレーナ)もあります。
(ミレーナについては13.12.10の記事「避妊について」もご参照ください)

ピルを続ける場合、注意すべきことはありますか?

血栓症の兆候に注意し、下記のような疑われる症状が出た場合は服用をやめ、処方医に連絡してください。
症状の強い場合は救急医療機関を受診し、ピル服薬中であることを伝えてください。

 ◆ふくらはぎの痛み・むくみ・・・握ると痛い、赤くなっている
 
◆胸の痛み・・・押しつぶされるような痛み、痛みが続く、息苦しい
 ◆頭痛・・・激しい痛み、前兆のある痛み(チカチカする、半身の脱力やしびれがある、しゃべりにくい)

 
◆視覚障害・・・見えにくいところがある、視野が狭くなる
 ◆その他・・・めまい、舌のもつれ、失神、けいれん、意識障害、手足のしびれ、腹痛

ピルは急に中止しても大丈夫ですか?

中止すると避妊効果はなくなりますが、健康への影響はありません。
月経困難症についても、次の月経から急に悪化するといったことはありません。
血栓症の兆候など不安を感じることがあったら、服薬を中止し処方医に相談してください。
ただし、休薬の期間が4週間以上になると、再開した時に血栓症のリスクが高まるという報告がありますので、再開を考えられている方は早めに処方医までご相談ください。

茅場町いとう医院のピルに対する考え方を教えてください

ピルは女性の健康や、生活の質を向上させるうえで非常に有用なお薬だと考えています。
でも本来、命にかかわるような状態ではない若い女性が、副作用によって命を落とすような悲劇は限りなくゼロに近づけたいと考えています。
このため、避妊目的であっても、治療目的であっても、当院では定期的な診察と検査(血液検査、超音波検査、がん検診)を行ったうえでピルの処方を行っております。
時間面や費用面でご負担をかけることにはなりますが、ご理解をいただける方にのみピルの処方をさせていただいております。
ピルが適さない状態の方や、定期的な検査が難しい方には漢方やミレーナなどのほかの治療法もご提案しております。

茅場町いとう医院HP
http://www.kayabacho-itoiin.jp/

尿もれ

「尿もれ」で悩んでいらっしゃる方はいませんか?

40代の女性の3人に一人は尿もれを経験したことがあるそうです。
茅場町いとう医院で女性内科を担当している私も、妊娠中に尿もれで困ったという経験があります。

でも、この悩み、なかなか相談しにくいようです。

「どこに相談していいのかわからない。」
「どのタイミングで受診すればいいのかわからない。」
「相談するのが恥ずかしい。」
「年のせいなら、しかたないわ。」

そんな声をよく聞きます。
症状が出始めてから受診するまでの平均年数はなんと9年を超えるそうです。

気になる症状があれば、まずは相談してください。
専門的な手術となれば泌尿器科になりますが、お薬や体操指導などは産婦人科でも内科でも大丈夫です。

茅場町いとう医院では主に女性内科で、女性医師が対応させていただきます。

受診するタイミングは、ご自身が排尿のことで不便を感じたら。
排尿のことが原因で生活の質が低下してきたと感じたら、気軽に受診してくださいね。

茅場町いとう医院
http://www.kayabacho-itoiin.jp/

ブライダルチェック

最近、結婚情報誌などでブライダルチェックという言葉を目にすることがふえてきました。

ブライダルチェックとは、結婚を控えている方や、近い将来に結婚を考えている方向けの健康診断です。

結婚を機に、結婚生活や妊娠に支障をきたす病気などがないかを確認し、もし異常があれば早めに治療をしておくことを目的としています。

具体的には何を検査をするのかというと…

子宮、卵巣の病気の検査
経膣超音波で子宮の形や筋腫の有無、卵巣の状態などを確認します。
子宮頸がんの検査も含まれます。

感染症の有無
血液検査とおりものの検査で、クラミジア、淋菌、梅毒、HIV、肝炎などパートナーや妊娠した場合には赤ちゃんに感染する可能性のある病気の有無をチェックします。

妊娠中に感染すると胎児に影響が出る可能性のある感染症の抗体の有無
風疹抗体を検査します。
動物を飼っていらっしゃる方はあわせてトキソプラズマの抗体のチェックをする場合もあります。

このほかに、一般検診を組み合わせて、貧血や生活習慣病の有無をチェックする場合もあります。
また、女性に多いリウマチや甲状腺の病気の検査を行う場合もあります。

最近では、卵巣年齢の検査を組み合わせる場合も増えてきています。


一般検診ではなかなか気づきにくい体の状態。
一度、しっかり検査してみてはいかがでしょう。


茅場町いとう医院では下記の内容でブライダルチェックを含む婦人科検診を行っています。
オーダーメイドで検査内容を作ることも可能です。
ご興味のある方は一度ご相談ください。

茅場町いとう医院HP
http://www.kayabacho-itoiin.jp/

※2014年4月より料金が一部改訂されております。
(詳しくは下の一覧をご覧ください)

<ブライダル基本>

結婚を控えた方、新しいパートナーとの出会いがあった方向けのセットです。感染症を中心にチェックできます。


<フルブライダル>
ブライダル基本セットに加えて、膠原病や甲状腺の病気など女性に多い病気や、卵巣年齢をチェックできます。


<基礎検診追加>
一般検診やがん検診ではカバーしきれない女性の病気をチェックできます。


<追加検査のご説明>
検診メニューに追加して検査できます。

追加検査のみをご希望の場合は、検査料金と診察料(初回3000円、2回目以降1000円)にて検査いたしますので、ご相談ください。



・子宮体がん

  50代から増えてくるがんです。頚がん検診のみではみつけられないので、併せて検査をすることをお勧めします。

・女性ホルモン

  LH、FSH、エストラジオ―ル、プロゲステロンの4種の女性ホルモンを調べます。(更年期チェック向けの検査です。妊娠に向けての検査の場合、月経周期に合わせての検査となりますので受診時にご相談ください。)

・トキソプラズマ

  妊娠中にかかると赤ちゃんに影響を及ぼします。動物を飼っている方は調べてみてください。

・HPV

  子宮頸がんやコンジローマの原因となるウイルスの有無をチェックします。

・AMH

  卵巣年齢を予測することができます。

・骨代謝

  骨を作る細胞と壊す細胞のバランスを調べます。この検査を受ける方には問診による10年以内の骨折リスクの予測も行います。超音波法による骨密度検査をあわせて受けていただくことをお勧めしております。

・精液

  この機会にパートナーの方も合わせて検査をしてみてはいかがでしょうか。パートナーの方は来院の必要はありません。容器をお渡ししますので、ご自宅などで採取し、2時間以内にお持ちください。





 



 

ブライダル

基本

フル

ブライダル

基礎検診

追加

追加料金

診察

問診内診






 

経膣超音波






 

細胞診

子宮頸がん





 

3600

子宮体がん



 



 



 

6900

血液検査

血算



 




 

1400

生化学



 




 

2600

リウマチ

抗核抗体



 



2600

甲状腺



 



3000

女性ホルモン4



 



 



 

5000

肝炎(BC型)





 

4000

HIV梅毒





 

4000

HTLV1風疹





 

6000

トキソプラズマ



 



 



 

1000

AMH



 




 

7100

骨代謝



 



 



 

2000

尿

尿一般



 




 

500

膣分泌物



 

HPV





 

5500

クラミジア、淋菌

一般培養




 




 

8000

骨密度

超音波法(踵骨)



 



 



 

1500

心電図

心電図



 



 



 

2000

精液

精液一般



 



 



 

2000

セット

料金



 

34000

49600

12200



 


女性内科ってなぁに?

茅場町いとう医院の診療科は、産婦人科と女性内科です。

ところで、女性内科ってなんでしょう?

実は、はっきりとした定義はないんです。
だから、女性特有のいくつかの病気に的を絞った診療をするところもあれば、更年期の周辺症状を対象にするところ、漢方処方を中心とするところなど、さまざまなスタイルの病院があるんです。

では茅場町いとう医院の女性内科はどのようなところかというと、一言でいえば

「女性の体と心の特徴に配慮して、一般的な内科診療を行う診療科」

となるでしょうか。


女性と男性では体のつくりも、ホルモンの出方も大きく異なります。
だから、かかりやすい病気も異なります。

治療についても、妊娠を考えているとき、妊娠中、授乳中、更年期、など、特別な配慮を必要とする場面がたくさんあります。

そういった女性の特徴に配慮して、茅場町いとう医院では総合内科専門医の女性医師が、診療を行っております。

貧血、甲状腺疾患、膠原病、骨粗しょう症などの病気はもちろん、冷え症、ほてり、めまい、むくみなどお悩みの症状があれば、女性内科までお気軽にご相談ください。
ごあいさつ
日本橋茅場町にある産婦人科・女性内科のクリニックです。

HPに載せきれないいろいろな情報をブログにつづっていきたいと思います。