茅場町いとう医院ではインフルエンザ予防接種のご予約受付中です。(2020.11.5現在)

当院で接種できる方

当院は産婦人科・女性内科のクリニックですので、ワクチンの接種対象は女性3歳~12歳までの小児当院通院中の女性のご家族の方(この場合のみ成人男性も可)となります。
成人の男性の方単独での接種はお断りしております。

お子さんの接種については女性内科の医師が対応するため、ご予約のお時間が限られておりますのでご注意ください。

ご予約方法

インターネットよりご予約をお願いいたします。
当院初診の方でもご予約可能です。
来院目的を「インフルエンザワクチン」としてご予約ください。
ワクチンについて医師にご相談のある方は、内科医が確認いたしますので、「内科」のご予約も併せてお取りください。
また、産科、婦人科の診察をご希望の場合は、診察のご予約と「インフルエンザワクチン」のご予約を両方お取りください。(同じ時間帯でのご予約で大丈夫です。)

費用

費用は3800円(税別)となります。
お子さんも同額です。
高齢者インフルエンザ予防接種の実施医療機関です。
23区内で発行された予診票をお持ちの方は、今年度は無料で接種できますので必ず予診票をお持ちください。

妊娠中・授乳中でも接種できるの?

インフルエンザワクチンは妊娠中でも授乳中でも制限なく接種できます。
妊活中、妊娠初期から分娩前後、授乳中、いつでも接種可能です。
ワクチン接種後の授乳の制限もありません。

インフルエンザワクチンは妊婦さんにぜひ打っていただきたいワクチンです。
妊婦さんはインフルエンザにかかると重症化しやすいことがわかっているからです。
また妊婦さんがワクチンを打つことで得た免疫は、胎盤を通して胎児にも移行し、生まれてからもしばらくの間(最大6か月ほど)赤ちゃんもインフルエンザに対しての免疫を得ることができるといわれています。
ただし、この免疫は授乳ではほとんど赤ちゃんに移行しないため、授乳によって赤ちゃんが免疫を獲得することはできません。
赤ちゃんは生後6か月以降でインフルエンザワクチン接種可能となりますが、1歳くらいまでは免疫が付きにくいので、周りの方がワクチンを接種して赤ちゃんを守ってあげてください。

一時期、ワクチンに含まれる防腐剤の胎児への影響が取りざたされましたが、現在では胎児への悪影響は否定されています。
当院では防腐剤無添加のワクチンも準備しておりますが、数に限りがあるためすべての妊婦さんに接種できない場合があります。
しかし、防腐剤添加のワクチンであっても、安全性・有効性に問題はありませんので安心して接種を受けてください。