当院では妊娠34週ごろまでの妊婦さんの妊婦健診を行っていますが、分娩は行っておりません。
分娩施設を選ぶにあたって参考になりそうなことを3回にわたって解説します。
①基本編 http://kayabacho-itoiin.blog.jp/archives/82505236.html
②セミオープンシステムについて(このページ)
③里帰りと里帰りセミオープン http://kayabacho-itoiin.blog.jp/archives/82510128.html


セミオープンシステムって何?

ふだんの妊婦健診は通いやすいクリニックで、分娩は設備やスタッフの整った病院で行うという仕組みです。
クリニック通院中でも、何か問題が起きたり夜間・休日など緊急の時は分娩予定の病院を受診し、必要に応じた医療を受けることができます。

妊婦健診を担当するクリニックと分娩を担当する病院の間で定期的に会合を行っているので、分娩施設が求めるクオリティの妊婦健診をクリニックでも受けることができます。
分娩施設によっては母親学級や栄養相談を受けられたり、胎児ドックなどのオプション検査を受けられるところもあります。

オープンシステムとの違いは?

セミオープンシステムの場合、分娩は分娩施設の先生方にお任せとなりますが、オープンシステムでは分娩もクリニックの担当医が立ち会います。
入院設備とスタッフさんをクリニックがお借りするという形です。
ずっと妊娠経過を見ていた担当医が分娩に立ち会ってくれるという安心感があります。

当院の場合は、産科を担当する医師が1名のため、オープンシステムへの対応は行っておりません。

セミオープンシステム連携病院

当院の連携施設は以下の通りとなります。(2020年7月現在:五十音順)

1.愛育病院
港区芝浦1-16-10
最寄駅:都営三田線 三田駅/JR線 田町駅

2.順天堂大学医学部附属順天堂医院
文京区本郷3-1-3
最寄駅:JR線・丸ノ内線 御茶ノ水駅/千代田線 新御茶ノ水駅

3.昭和大学江東豊洲病院
江東区豊洲5-1-38
最寄駅:有楽町線・ゆりかもめ線 豊洲駅

4.東京医科歯科大学医学部附属病院
文京区湯島1-5-45
最寄駅:JR線・丸ノ内線 御茶ノ水駅/千代田線 新御茶ノ水駅

5.東京大学医学部附属病院
文京区本郷7-3-1
最寄駅:丸の内線・大江戸線 本郷三丁目駅
バス利用(上野駅、御徒町駅、御茶ノ水駅)が便利です

6.日本赤十字社医療センター
渋谷区広尾4-1-22
最寄駅:日比谷線 広尾駅
バス利用(渋谷駅、恵比寿駅)が便利です

分娩先がリストにないんだけど

リストにない施設でも分娩先の許可があれば当院で妊婦健診を行うことができます。
分娩希望施設へのお問い合わせをお願いいたします。
お問い合わせの際、ご不明点などあれば当院スタッフまでご相談ください。

登録の方法は?

登録の方法や登録の際に必要なもの、登録の時期などは各施設によって異なります。
連携病院のセミオープン登録方法については当院スタッフにご相談ください。

ご注意ください!
連携病院であっても優先的に分娩予約が取れるわけではありません。
施設や分娩時期によっては早い段階で分娩予約が埋まってしまう場合もあります。
(時期によっては妊娠7-8週目くらいまでに予約を取らないと登録できない施設もあります。)
ご希望の病院がある場合は、妊娠が確認されたらできるだけ早くスタッフまでご相談ください。


さし絵病診連携2