茅場町いとう医院、内科担当の伊東佳子です。

今回は「麻しん(はしか)」と妊娠ついてのお話です。

実は今月に入り中央区内を中心に麻しん患者さんが散発しているのです。
昨日も日本橋地区において麻しん疑いの患者さんが出ております(まだ確定診断ではありませんが)。

本来の麻しんの流行は子どもさんを中心に春から初夏、といわれていますが、昨年の大阪での流行が秋だったように、最近は季節を問わず小規模の流行がみられることがありますので、十分な注意が必要です。

よく似た名前の病気に風しん(三日ばしか)があります。
妊娠初期(おおむね妊娠20週くらいまで)に妊婦さんが感染すると、胎児に感染し、「先天性風しん症候群」という病気をもたらす感染症です。

では、麻しんはどうかというと

「麻しんで胎児に先天異常をきたすことはほぼない」とされています。

でも、安心しないでください。

麻しんは妊婦さんに感染すると、重症化することがあります。
そして流産や早産を引き起こすことが知られています。
また分娩直前の妊婦さんが感染すると赤ちゃんが麻しんに感染した状態で生まれてきて、非常に重篤な状態になる場合もあります。

先天異常は起こさないけれど、胎児(場合によっては母体も)の命にかかわる可能性がある疾患。

それが麻しんです。

中央区近隣にお住まい、もしくはお仕事をしていらっしゃる方は、今後の保健所からの情報に十分注意をしてください、
そして、麻しんもしくはその疑いのある方と接触した方は、保健所に対応可能な病院について確認の上、病院に事前連絡してから受診をお願いします。

なお、麻しんの潜伏期間は10-12日といわれております。
潜伏期間の後、38台の発熱と咳、鼻水、くしゃみ、目の充血や目やにが2-4日間つづき、いったん熱が下がります。
そしてその後39-40度の高熱が出て、顔から体、腕や足などに発疹がひろがるというのが典型的な経過です。

ただし、最近はワクチンによる免疫が低下してきた方などに、一部の症状のみが出る修飾麻しんという非典型的な経過をたどる麻しんも出ています。

不安を感じる症状が出た方は、今後の感染拡大の予防のためにも、まずはお電話にて最寄りの保健所もしくは医療機関に相談し、指示を確認してください。
休日の場合は、東京都医療機関情報サービス「ひまわり」03-5272-0326にご相談ください。

麻しんは空気感染が主な感染経路で、ほかに感染者の咳やくしゃみに含まれるウイルスを吸い込むことによる飛沫感染や、ウイルスの付着した手で口や鼻に触れることで感染する接触感染もあります。
感染力は非常に強いので、流行情報が出たらマスク、手洗いはもちろんですが、妊婦さんについてはできるだけ外出を避けるなどの注意も必要です。

ただし、不顕性感染(感染しているけれど症状が出ない)はほとんどないとされていますので、潜伏期にあたる期間が過ぎても症状が出ていなければ、感染はしていないと考えて大丈夫です。

副院長 伊東佳子