皆さん、深呼吸して下さいと言われたとき、まずどうされるでしょうか?

多くの方が息を大きく吸われるのではないでしょうか。そして大きく吐く。息を吸って吐くということは自然なことなので、もちろんこれで問題ありません。

ただ、仏教的な瞑想をする際、息は出してから吸うことになります。すべて体から出してから、新たに吸うわけです。イメージとしましては、体内の悪しき思いをすべて出す、はからいを全て捨て去るような具合です。自分のうちにため込むのではなく、欲望は全部捨ててしまいましょう。

息を出すのはゆっくりと、口ではなく鼻で行います。腹式呼吸でお願いします。吸うときも同じく鼻で、自然に吸って下さい。そして、おへその下あたりに意識を集中させます。

呼吸は意識にも深く関係してきますので、たとえば会社で重要な役をこなさねばならないとき、意識を落ち着かせるためにも、こうした呼吸法が効果的かと思います。難しいことではありませんので、是非、お試しください

事務室 伊東昌彦