今年もスギ花粉が増えてきましたね。

妊娠中や授乳中はお薬が使えないから、とメガネ&マスクで我慢している妊婦さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

もちろん、メガネ&マスクで乗り切れるなら、それでよいと思います。
でも、問題はそれでも症状に悩まされてしまう場合…。
そういう時は、ぜひ医療機関に相談してみてください。
妊娠中でも使えるお薬、実は結構あるんです。

妊娠中でも使いやすいお薬の代表選手は点鼻・点眼薬です。

特に点鼻薬の中でもステロイド点鼻薬は1日1~2回の点鼻で効果があり、全身への影響もほとんどないため妊娠・授乳中の治療薬としては非常に有用です。
症状の軽い方でしたら、このお薬に点眼薬を適宜組み合わせることで、ずいぶん楽にこの季節を乗り越えられると思います。

内服薬の中にも、問題なく使用できる薬も何種類かあります。
「使用経験が少ない」という理由で、ほとんどのお薬が妊婦さんには「慎重投与」となっておりますが、実際には国内外でかなりの使用実績があり、胎児への影響はないと考えられている薬もあります。
点鼻薬が使いにくかったり、それだけでは症状を抑えられない場合などは、医師にご相談ください。

また、漢方薬も効果があります。
即効性という点ではやや劣る場合もありますが、ほかのお薬との組み合わせで使用することもできますので、ご相談ください。

茅場町いとう医院の副院長も花粉症です。
妊娠中は、くしゃみのせいで尿もれしたり、おなかが張ったり…。
それが服薬によってだいぶ楽になり、閉じこもらずにマタニティライフを楽しめた、という経験があります。
つらいときは我慢しすぎず、気軽に医師に相談してくださいね。