茅場町いとう医院ふろくのブログ

東京都中央区にある産婦人科・女性内科のクリニック

東京都不妊検査等助成事業について

こんにちは。
副院長の伊東佳子です。

今日から東京都で「東京都不妊検査等助成事業」の申請受付が開始されました!

これは不妊検査や一般不妊治療にかかる費用の一部を東京都が助成する、という事業です。
ただ、東京都のHPを見ても、内容がややこしくて少しわかりにくいので、要点だけ、こちらのブログでまとめてみますね。

☆助成を受けられる人

 

 

 


 
 


検査開始日に、法律上の婚姻関係にあること


事実婚は対象外


 
 


検査開始日に、妻の年齢が35歳未満であること

 
夫の年齢制限はなし


 
 


検査開始日から申請日までの間、夫婦のいずれかが継続して都内に住民登録していること


申請者は都内在住者


 
 


保険医療機関において、夫婦とも助成対象の検査を受けていること


夫婦いずれか一方が検査を受けただけでは対象外


 検査開始日とは、夫婦それぞれの検査開始日のいずれか早いほうが基準となります。

☆助成の対象となる検査や治療

 


不妊検査

精液検査
血液検査

画像検査など

エコー検査
血液検査
  ホルモン
  感染症 など
通水検査
子宮卵管造影
子宮鏡検査 など


一般不妊治療


タイミング法、薬物療法、人工授精
など


 体外受精、顕微授精、第三者を介する治療(精子提供など)は助成対象外です。

 保険診療を行っていない施設(自費診療のみの施設)での検査や投薬は対象外です。

☆ 助成内容
 
 不妊検査および一般不妊治療に要した費用について5万円を上限に助成。

 ※助成回数は夫婦1組につき1回に限る


☆ 助成対象期間

 検査開始日から1年間

 
特例措置
  
平成2842日以降に不妊検査を開始した方でも、上記項目(妻の年齢等)を満たす方は平成2941日以降にかかった費用が助成されます。(申請期限平成30331日まで)


☆ 申請期限

 検査開始日から1年以内
 ただし、不妊検査と治療に1年を要した場合は、1年を経過した日から3か月以内に申請できます。

いかがでしょうか?
まだ、ちょっとわかりにくいかもしれませんね。

東京都福祉保健局のHPにも詳細があるので、ご参考になさってみてください。

副院長 伊東佳子

麻しん(はしか)について -妊婦さん豆知識ー

茅場町いとう医院、内科担当の伊東佳子です。

今回は「麻しん(はしか)」と妊娠ついてのお話です。

実は今月に入り中央区内を中心に麻しん患者さんが散発しているのです。
昨日も日本橋地区において麻しん疑いの患者さんが出ております(まだ確定診断ではありませんが)。

本来の麻しんの流行は子どもさんを中心に春から初夏、といわれていますが、昨年の大阪での流行が秋だったように、最近は季節を問わず小規模の流行がみられることがありますので、十分な注意が必要です。

よく似た名前の病気に風しん(三日ばしか)があります。
妊娠初期(おおむね妊娠20週くらいまで)に妊婦さんが感染すると、胎児に感染し、「先天性風しん症候群」という病気をもたらす感染症です。

では、麻しんはどうかというと

「麻しんで胎児に先天異常をきたすことはほぼない」とされています。

でも、安心しないでください。

麻しんは妊婦さんに感染すると、重症化することがあります。
そして流産や早産を引き起こすことが知られています。
また分娩直前の妊婦さんが感染すると赤ちゃんが麻しんに感染した状態で生まれてきて、非常に重篤な状態になる場合もあります。

先天異常は起こさないけれど、胎児(場合によっては母体も)の命にかかわる可能性がある疾患。

それが麻しんです。

中央区近隣にお住まい、もしくはお仕事をしていらっしゃる方は、今後の保健所からの情報に十分注意をしてください、
そして、麻しんもしくはその疑いのある方と接触した方は、保健所に対応可能な病院について確認の上、病院に事前連絡してから受診をお願いします。

なお、麻しんの潜伏期間は10-12日といわれております。
潜伏期間の後、38台の発熱と咳、鼻水、くしゃみ、目の充血や目やにが2-4日間つづき、いったん熱が下がります。
そしてその後39-40度の高熱が出て、顔から体、腕や足などに発疹がひろがるというのが典型的な経過です。

ただし、最近はワクチンによる免疫が低下してきた方などに、一部の症状のみが出る修飾麻しんという非典型的な経過をたどる麻しんも出ています。

不安を感じる症状が出た方は、今後の感染拡大の予防のためにも、まずはお電話にて最寄りの保健所もしくは医療機関に相談し、指示を確認してください。
休日の場合は、東京都医療機関情報サービス「ひまわり」03-5272-0326にご相談ください。

麻しんは空気感染が主な感染経路で、ほかに感染者の咳やくしゃみに含まれるウイルスを吸い込むことによる飛沫感染や、ウイルスの付着した手で口や鼻に触れることで感染する接触感染もあります。
感染力は非常に強いので、流行情報が出たらマスク、手洗いはもちろんですが、妊婦さんについてはできるだけ外出を避けるなどの注意も必要です。

ただし、不顕性感染(感染しているけれど症状が出ない)はほとんどないとされていますので、潜伏期にあたる期間が過ぎても症状が出ていなければ、感染はしていないと考えて大丈夫です。

副院長 伊東佳子

医療法人になりましたー菫青会という名前についてー

ご無沙汰しております。
副院長の伊東佳子です。

ご挨拶が遅くなり申し訳ありません。

茅場町いとう医院は2017年5月1日より
「医療法人社団菫青会 茅場町いとう医院」
に、名称を変更いたしました。

領収書などの名称でお気づきだった方もいらっしゃると思いますが、きちんとした形でご挨拶をさせていただいていなかったので、ご報告させていただきます。

「菫青会」

何と読むんだろうと思われた方もいらっしゃるかと存じます。

「きんせいかい」

と、読みます。
常用漢字ではなく、申し訳ありません。

この聞きなれない名前にはもちろん由来がありまして。

医療のお話でなくて恐縮ですが、当院の理念というほどでもないですが、私たちの気持ちの詰まった名前ですので、もしお時間があればお付き合いください。

☆☆☆

今を去ること1年前、医療法人への移行の話がありました。
その際、医療法人としての名称を考えなければならなくなりました。
「○○記念会」とか「○○会」などという名称です。

夫婦とも山好きですので高山植物にちなんだ名前とか、地元の地名にちなんだ名前、好きな小説にちなんだ名前などいろいろと考えてみました。
でも、いまひとつしっくりこない…。

そこで誕生花などまで手を広げて調べていくうちに…。

当院の開業記念日(9月2日)の誕生石が「菫青石」という石だということを知ったのです。

菫青石
別名:アイオライト

見る角度によって無色透明から紫青色まで色が変化していく不思議な石です。

その特殊な性質から、バイキングはこの石を羅針盤代わりに利用していたこともあるそうです。

このことから、この石は進むべき道を指し示す、目標への道しるべと考えられるようになったとのことです。

そこから転じて、親から娘へ「真実の愛と出会い、幸せになってほしい」という願いを込めて贈られる石になったそうです。

素敵な石だなと思いました。

「真実の愛」というのは某ディズニー映画ではありませんが、男女間の愛だけではないと思います。
親子、兄弟、友人など、たくさんの愛があると思います。

女性たちがたくさんの愛と出会い、そして幸せになってほしい。

「あらゆるライフステージの女性を応援する」

当院の理念とも通じる意味を持つアイオライト、菫青石。

そこから名前をいただきました。

これからも女性の、そしてその周りのすべての人の幸せを応援する医院でありたい。

志を確かに、これからも微力ながらお力添えできるよう歩んでいきたいと思っております。

これからも「菫青会 茅場町いとう医院」をどうぞよろしくお願いいたします。

副院長 伊東佳子
ごあいさつ
日本橋茅場町にある産婦人科・女性内科のクリニックです。

HPに載せきれないいろいろな情報をブログにつづっていきたいと思います。